京都芸術大学 通信教育部 写真コース について

私は、京都芸術大学(旧京都造形芸術大学)の通信教育部を卒業した。 多くの人が入学・卒業しているはずだが、ネット上には、あまり体験記が見つからなかったので、後輩のために簡単に記録しておく。 卒業を記念して。

私が入学したのは新型コロナウイルス感染症が広まりだした 2020年4月であり、卒業したのは2022年3月である。 この記事を書いたのは、卒業制作展が開催中の2022年3月である。 内容は、その時点のものであることを断っておく。

関東地方在住であり、東京のスクーリングのみで卒業している。

卒業について

不確定な情報ながら、2020年度写真コース入学者数は79名という情報があり、そのうち1年次入学が28名、3年次入学が51名であった。 2021年度に写真コースで卒業された方は、合計32名であると思われる。 そのうち、東京の卒業制作スクーリングで卒業された方は18名だったと記憶している。 東京卒業制作スクーリングで卒業された方は、その学籍番号から推測すると、6名の方が最短2年で卒業、3年で卒業された方も6名であり、それ以上かかって卒業された方も6名であった。 京都については内訳が不明であるが、14名卒業であった。

これらの数字から考えると、入学人数と卒業する人数が大きく異なることがわかり、さらに、最短で卒業できるのは限られた人である。 年度が異なるため単純比較できないが、卒業自体が難しいことのように思われる。 写真コースは歴史があるため、ある程度定常的な状態になっていると考えられる。これから卒業する人が大きく増えることはなく、この傾向は継続すると思われる。

卒業要件

最短2年で卒業するには、4つのハードルが存在する。(2020年度・2021年度の情報であり、現在正しいとは限らない)

  1. 1年目に、卒業制作着手要件を満たす必要がある。 これは、32単位取得する必要があり、そのうちいくつかは、決められた科目の単位を取る必要がある。 20単位は、1年次・2年次に設定されたコース専門科目のすべてのテキスト科目・スクーリングを合格する必要がある。 また、8単位は学部共通専門教育科目から取る必要がある。 残り4単位はなんでも良い。 しかし、卒業要件を考えれば、学部共通専門教育科目を追加で4単位で取ってしまうほうが、後々楽になると思われた。

  2. 2年目の夏期までに、卒業制作(3 〜 6)履修条件を満たす必要がある。 これは大きく3つの要件に分解でき、

    1. コース専門科目の3年次に設定されたテキスト科目をすべて合格する
    2. コース専門科目の3年次に設定されたスクーリング科目のうち、取れる4単位を合格する
    3. コース専門科目の4年次に設定されたスクーリング科目卒業制作1・2を合格する
  3. 2年の秋期に卒業制作以外の卒業要件を満たす

    1. 学部共通 12単位
    2. 卒業制作以外のコース専門科目全て
    3. なんでもいいのでそのほか 10単位
  4. 卒業制作に合格する

2年で卒業するための条件は、比較的複雑だと思われる。 おそらく、4年で卒業するためのカリキュラムを2年で行うことに起因する。 コースガイドやシラバスから2年で卒業する計画を読み取れないならば、おそらく2年で卒業する能力が足りないと思われる。

入学した目的

子供の写真を楽しく撮影していたが、ちょうど入学する2020年に第二子が生まれることになった。 よく言われることに、第二子は第一子よりも写真を撮らなくなる。 そのハードルを越えたいと思い、大学で写真を学ぶという決断をした。 ちょうど妻の育休が2年であり、2年で卒業することと都合が良いというのもあった。

仕事との両立

育児との両立

学びについて

同じ先生に継続的にコメントをもらうのは、卒業制作のみである。 それ以外のレポートやスクーリングでは、基本的にその科目でのみのコメントになる。

東京のスクーリングで感じたこと

良い先生 以下は、個人的な偏見に基づいた意見である。

基本的にみな良い先生だと思うが、継続的に同級生を観察していて、特定の先生のコメントによって、作品作りで多くの飛躍があったのを感じた。 特に、東京のスクーリング(写真III-4 スナップ)の竹下修平先生のコメントが的確であったと思う。 専門学校の先生であり、多くの時間のない学生に対して指導した経験が生かされているのだと思う。 基本的に多くの先生は同じようなことを言っているが、美大で教えているような先生の場合は、学生のレベルが高いのか、より抽象的であったり、抑えた形で発言しているように思えた。

また、デジタル技術に関するスクーリングでも 特筆すべき